サクラサイト商法-“出会い”にとどまらない被害の広がり

  本ページの趣旨である、「真面目に彼女を作りたい」場合には不向きです。
一歩使い方を間違えればネットが危険な落とし穴に変貌することをしっかり自覚し、常識と良識、そして警戒心を常に備え持つことを、心がけて欲しい。
こういったところで無料相談を受け付けているところもあります。
また、出会い目的でネット上をさ迷い、異性に対してしつこくコンタクトを取ろうと接してくる迷惑な人種のこと。
これは、営利目的のサイトであり、善意のみで出会いを提供する様な組織ではありません。
でも、皆さんにこれはオススメできないんです。
出会いの場面があれば、有無をいわさず愛が生まれるなんていう都合のいい話はあり得ませんよね。
 浮かび上がるのは、日本の貧困の最底辺といえる、哀しい実態でした。
私の場合は出会い系川崎は無理でしたが、8割は戻ってきました。
著者はこの実態を探るべく、自ら出会い系サイトにアクセスし、約20人の「売春するシングルマザーたち」を探し当て、取材を重ねていきます。
 著者はその答えに「大いに混乱した」と述べ、次のように書きます。
管理人はその長~い、リンクからサイトへ飛んでます。
  サクラ率が高い可能性が強く、悪徳な出会い系サイトも多いです。
全額とまではいかないかも知れませんが返金交渉の余地はあるかも知れません。



チャットレディはアダルトとノンアダルトがある

男性も最初から落ち着いた大人の女性を求めているのですから、気が楽ですよ。
子供が保育園や学校に行っている間、家事の合間などスキマ時間を活かして仕事をすることができます。
男性の人数が多ければ多いほど、報酬は上がります。
とでもメッセージを送っておきます。
年上だと安心できる、女性にリードされたいという願望があるようですね。
会話の中にさりげなく何度も相手の名前を入れた方が相手との距離がぐっと縮まります。
お互いが楽しく過ごせる空間さえ作ってあげられれば、頻繁にお話しに来てくださる男性会員もたくさんいます。
知らない男性とチャットレディの募集を通じて会話をするチャットレディですが、危険なお仕事だというイメージがあります。
男性はチャット料金を支払っていますので、人数が多ければ多いほど入ってくるお金も大きく、チャットレディの報酬も高くなります。
男性会員がシビアなため、短時間で終了したり待機時間が長いなどのリスクもあります。
男性も主婦と話したいという目的で登録しているので、話す時も気が楽ですよ。
男性から話を振ってくれるなら、その内容に合わせていけばいいですね。
聞かれた場合など、本当に信頼できる男性会員かどうかしっかり見極めましょう。
しつこい客へも、いきなり強い対応をする必要はありません。
効率良く稼ぐには、男性会員の数は必須です。
聞いている間は無表情にするのではなく、笑顔も大事です。
急にお金が必要になったとき、日払いの仕事は便利です。
しかも最近の若い男性の中には、年上女性好きが増えています。
急にお金が必要になったときには、とても嬉しい制度ですよね。
思いがけず早く帰ってしまった時などは、かなりまずいですね。



他のサイトへの誘導に注意

出会い系サイトには、出会いを求める目的以外で入ってきている人もいます。
それは、会員を他のサイトへ誘導するためにやってきている業者です。
他のサイトとは、すなわち、別の出会い系サイトです。

出会い系サイトで仲良くなってやりとりをしていた女性に、ある日「このサイトは退会するから別のサイトでやりとりしよう。」と言われたりすることがあります。
せっかく仲良くなった女性とコンタクトが取れなくなるのなら、男性は言われたサイトに登録しようと思いますよね。
誘導されるサイトは悪徳サイトであることがほとんどだと思います。
登録しても、相手の女性とコンタクトが取れないどころか、迷惑メールなどの被害に遭うことが多いでしょう。

女性に他のサイトへ誘われるようなことがあれば、怪しいと思いましょう。
女性の場合、出会い系サイトの利用はたいてい無料ですから、相手とどうしてもコンタクトを取りたければ、わざわざそのサイトを退会する必要はないのです。
もし他サイトへ誘導されるようなことがあれば、運営者に通報した方がよいかもしれません。



援助交際はやらない方が無難

援助交際は今では誰でも知っていますが、女性が金銭を受けることを目的に男性に肉体関係を求めることです。
つまり、援助交際は売春と同じことなのですね。

援助交際は、やらない方が無難です。
いちばんの理由は、18歳未満の未成年者と援助交際を行うと、児童買春・児童ポルノ処罰法により罰せられるからです。
未成年者は多くの場合、援助交際目的で出会い系サイトに潜入してきています。
うっかり引っかかってしまうと後が大変です。
また、出会い系サイトで知り合った女性本人が18歳以上と言っていても、年齢を偽っている場合もあります。
だから、援助交際はやらないにこしたことはないのです。

ちなみに、18歳以上の大人どうしであれば、援助交際自体は処罰されません。
そのため、出会い系サイトにも援助交際を目的とする書き込みが多数あります。
大の大人どうしであればお金を払って割り切った関係もアリかもしれませんが、援助交際を語った詐欺も多いですので、やはりやらない方が懸命だと思います。



未成年者には決して手を出さない

出会い系サイトは18歳以上でないと利用できません。
出会い系サイト規制法により、現在では出会い系サイトの運営者は、利用者の年齢確認をすることが義務付けられています。
そのため、本来なら出会い系サイトに18歳未満の未成年はいないはずなのですが、規制をかいくぐって入ってきている場合があります。
と言うのも、出会い系サイトの年齢確認は、免許証などの身分証明書の生年月日と発行者の欄だけをわかるようにして撮った写真を添付して送ればよいことになっているので、他人の身分証明書を写真に撮って送ってもバレないのです。

出会い系サイトで知り合った相手が18歳未満の未成年者だった場合、決して手を出さないようにしましょう。
児童を相手に性行為やわいせつな行為を行えば、処罰されます。
特に、相手が13歳未満であれば、強姦罪で罰せられます。
その場をやり過ごしても、メールは履歴が残りますから、後になって警察のお呼びがかかる場合もあります。

出会い系サイトで18歳未満の未成年者に出会ったら、即通報しましょう。
その方が未成年者本人のためにもなります。
セフレ掲示板でセフレを作る方法